2012年4月8日日曜日

【投票】大飯原発の再稼働、賛成?反対?

               
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版では、「大飯原発の再稼働、賛成?反対?」と題した投票がおこなわれています。

http://jp.wsj.com/japanrealtime/blog/archives/10389/?mod=Center_jrt


どうか、あなたの清き一票を!
(投票受付は4月13日まで)



日本の全原発が停止する5月5日までに、なにがなんでも原発を再稼働させようとしている政府。

野田首相は手下の保安院に支持して、原発の安全の暫定基準をカップ麺の如くインスタントにつくらせた。
慎重な議論や検証がされないまま即席でつくられた、こんな暫定基準(2日前に正式な基準となったらしい)で原発の安全が確保されるわけがない。

原発を動かすことのメリット・デメリットを公正に計算するだけでも、デメリットの方がはるかに大きいことは目に見えている。
これから何百年、何千年も続くであろう使用済み核燃料の保管・管理だけでも、莫大な費用がかかるのだ。
核燃料サイクルなんて、実現不可能な、絵に描いた餅にすぎない。

今日も各地で、大飯原発再稼働の是非をめぐって、各地でデモやハンストがおこなわれた。

現在国内で唯一稼働している泊原発3号機が来月停止することになっている。

いま、日本人がやるべきことは、安易かつ性急に原発を再稼働させることでは断じてなく、原発ゼロでも電力供給に支障がないことを、身をもって証明することだと思う。


原発は百害あって一利なし。
一利あるのは、利権がからむ人々だけだろう。