2012年5月18日金曜日

KATAGAMI Style 世界が恋した日本のデザイン


急に肌寒くなった先週の日曜日、三菱一号館美術館で開催されている『KATAGAMI Style』展に行ってみた。


綿や絹に模様を染めつけるために使われた日本の「型紙」。

19世紀から20世紀への世紀転換期に、日本の型紙デザインが欧米の美術・工芸改革運動に影響を与えた軌跡をたどる展覧会だったので、夢ねこもテーマに合わせて、型染め紬の着物と更紗の帯といういでたちで鑑賞した。
(江戸小紋など、型染めを意識した着物姿の来場者も比較的多かったようだ。)




本展は5つのパートで構成される。

●第1章 型紙の世界:日本における型紙の歴史とその展開

江戸から明治にかけて制作された型紙と型染めの着物などを展示。
国貞や英泉、豊国、国芳などの浮世絵に見られる着物の文様、型紙の見本帳、江戸時代のファッションブック『当世七宝常盤雛型』なども陳列されていた。

《千鳥に波》など、伝統的な文様だが、抽象的でありながら、波浪の動きが生き生きとダイナミックに表現されていて、当時の日本人のデザイン感覚の高さを再認識した。




●第2章 型紙とアーツ・アンド・クラフツ:英米圏における型紙受容の諸展開
 

19世紀後半、プロダクトデザイナーの先駆的存在だったクリストファー・ドレッサーが日本を視察して、型染め技法をイギリスに紹介。それをきっかけに、リバティー百貨店では型紙が販売され、アーツ・アンド・クラフツ運動にも大きな影響を及ぼした。

ここでは、ウィリアム・モリスやチャールズ・レニー・マッキントッシュらが手がけたテキスタイルや家具、壁紙に見られる、蟹や雪輪、杜若などの日本的な文様や渋い微妙な色づかいが紹介されていた。

このコーナーで興味深かったのが、ワイルド作・ビアズレー画の『サロメ』初版本。

浮遊するサロメがヨハネの生首を持ってキスしようとする有名なクライマックスの場面(Oh, how I loved thee, I love thee yet, Jokanaan)が展示されており、ビアズレーがこの画の背景を描くにあたって参照したと思われる「唐草菊の型紙」もすぐ隣に並べられていたので、影響関係がよくわかるようになっていた。

狂い咲く唐草菊の過剰な表現が、サロメの病的な邪恋から醸し出される妄執のようなものを見事にあらわしていて、そういえば、「サロメ」の雰囲気って、南北や黙阿弥が描いた幕末歌舞伎の猟奇性と通じるものがあることにあらためて気づかされた。




●第3章 型紙とアール・ヌーヴォー:仏語圏における型紙受容の諸展開

アール・ヌーヴォーやナビ派への型紙デザインの影響をさぐるコーナー。
ミュシャのポスターや、ルネ・ラリック、ドーム兄弟、エミール・ガレの工芸品や宝飾品、ドニの絵画(彼の作品《家族の肖像》には、ドニ自身がデザインした壁紙が描かれている)などを展示。

ここで目を引いたのが、ガーネットを使ったサクランボ模様の金の「ボンボン入れ」。
香水瓶か嗅ぎ煙草入れくらいの大きさだろうか、おそらくボンボンが2~3個入るくらいの本当に小さな、小さな容器だ。

プルーストなどのベル・エポックの小説には貴婦人やココットが、宝石をあしらった、媚薬でも入っているようなほど妖しげで美しいミニチュアの器に入った甘く繊細な砂糖菓子を、「おひとつ、いかが?」と紳士や伊達男に勧める場面がよく描かれているが、この愛らしい容器を見ているだけで、当時の社交界の優雅で蠱惑的なワンシーンが浮かんでくる。



●第4章 型紙とユーゲントシュティール:独語圏における型紙受容の展開
頽廃的なルートヴィヒ2世の時代も終わり、19世紀後半に統一されたドイツでは、自国産業の発展のために、工芸関係の博物館や学校が数多く設立された。日本の型紙の需要に大きく貢献したのが、この工芸博物館・学校だった。
このコーナーでは、ドイツ語圏各地の工芸改革運動やユーゲントシュティールに型紙デザインの与えた影響がマイセンなどの工芸品を通して紹介されていた。

型紙の影響を受けて開花したフランスのアール・ヌーヴォーが華やかで有機的だったのに対し、モノクロームを基調とするドイツのユーゲントシュティールは、シックで無機質な印象。

ウィーン分離派のオーストリア造形芸術家連盟展のポスターなどが面白かった。


●第5章 現代に受け継がれる型紙デザイン

カーペットやカーテン、ファブリック、陶磁器などに見られる現代の型紙デザインを紹介するコーナー。


以上、世紀末芸術が好きな人には、時代の雰囲気を満喫できる、充実した展覧会だった。

この美術館の歴史史料室では『ジョサイア・コンドル』が愛した日本展も開催されているので、時間がある方はのぞいてみてください。
(正直言うと、それほど大した展示はなかったのですが……。)



帰りは、丸善の松丸本舗に立ち寄って、本を物色。

丸善ギャラリーで「萩 納冨晋作陶展」と「神山玄・大田和亜咲宜・武田晶子3人展」がやっていたので、のぞいてみる。

納冨晋先生の作品は、「青萩」という三島に淡い青い釉薬をかける独特のやきものだ。
洗練された造形に、宇宙的な青いブルー。
会場にいらっしゃった作家の先生に声をかけられ、少しお話をうかがう。
茶碗や花入れ、菓子器など、茶道具関係のものはほとんど売約済みだった。
個性的だけど、品のあるやきものなので、人気があるのもうなずける。

「3人展」では、質感豊かであたたかみのある、武田晶子さんの日本画にひと目ぼれ。
(こんな作品です、http://www.suiha.co.jp/?cat=9&aid=113
一目で気に入っても、すぐに買えないのが、悲しいところですが。


改修工事も終盤に入った東京駅
秋には竣工予定