2012年6月3日日曜日

椎名誠講演会 ~世界で見てきた自然と人間~

比較的涼しい日曜日、近所で開催された椎名誠さんの講演会を聞きにいった。


椎名誠さん著作展示

今日は紫のサマーウールに青い博多帯、紺の帯締めと水色の帯上げで、夢ねこ的には紫陽花をイメージしたコーディネートのつもり。

雨上がりの道を歩くこと5分、会場に到着。


講演会のポスター

ほとんどアドリブ的なノリだったが、世界の辺境を旅したときのことや、お孫さんのこと、水資源のこと(これについては著書『水惑星の旅』にくわしい)、世界の核のこと、葬送法のことなど、話題は多岐にわたり、とても面白いお話だった。

椎名さんは人間的な魅力にあふれるスケールの大きな(それでいてとっても自然体の)人なので、そのありあまる生命エネルギーが会場の隅にいた夢ねこにもびんびん伝わってきた。

特に印象に残った話をメモ的に箇条書きすると、

(1)インディオやイヌイットの人たちと生活を共にしたときに食べたもの。
サルの肉、ヘビの肉、アザラシ、アザラシの腸のなかの消化物など。

(2)ワイルドなものを食べた時の寄生虫問題や、アナコンダ、電気ナマズ、
肉食ナマズなどの危険な動物の話。
とくに、この肉食ナマズはピラニアよりもはるかに獰猛で(椎名さん曰く「見るからに厭らしいヤツ」)、人間が川で用をたすときに、川にそそがれる小水を「鯉の滝のぼり」のように昇り伝って人間の尿道に侵入し、膀胱を食い漁って宿主を死に至らしめる、というのだから恐ろしい。

(3)中国の開放トイレの話
かの有名な、仕切りも扉もない、あけっぴろげな中国のトイレ事情の話。
かくいう夢ねこも大学時代、中国に語学留学をするつもりで、手続きまで済ませたのだが、この開放トイレが障害となって留学を断念した。どうしてもムリ~~~!


(4)中国で去年極秘に行われた核実験の話
シーナさんたちが新疆ウイグル自治区を探検・取材中に、中国当局からカメラやビデオの撮影を禁じられたという。その時は理由については知らされなかったが、後になってシーナさんは、自治区で(人の居住区で!)地表核実験が行われたから撮影禁止になったのだと(日本の原発事故との関連から)悟ったそうだ。

もう、ほんとうに、こういうことはやめようよ。
居住区で地表核実験!
イランを非難する権利など、欧米や中国などの大国にはまったくない。
日本でも、なし崩し的に原発が再稼働されてしまうだろうし。
どうすればいい? 
いったい、どうすればいい?

(5)世界の葬送法と日本の戒名
世界の風葬や鳥葬に比べて、お墓が多くの国土を占める日本の現状の問題。
「このままでは役場と墓場だけになる」という過疎地のお取り寄りの声。
金もうけ主義の高額な戒名代と世界一高い日本のお葬式代&法要代。

たしかに、夢ねこも同感だ。
鳥や獣に死体を食べられるのは、ちょっとグロテスクなので、なるべくならそうならないほうがいいけれど、自分が死んだら、小さな骨壺に入れられ、狭苦しい土の中に埋められ、おまけに重い墓石まで載せられると思うと……考えただけでも息苦しくて、窒息死しそう。
それよりも、軽やかな灰になって、自由に海か山に散骨されたい。
ヒエラルキーのある戒名なんていらない。
死んでからまで階層制にとらわれたくないもの。



椎名さん関係資料の展示


夢ねこは完璧なインドア派で「無菌状態で生きてきた」とよく言われるけれど、椎名さんの講演を聞いて、少しだけワイルドになった気がした(気分だけ)。